RSS | ATOM | SEARCH
注文住宅
 マイホームが欲しくなるタイミングは人それぞれです。御結婚されたとき・子供ができたとき・退職されたとき等、その他にもさまざまなタイミングがあります。

マイホーム取得を思いついたとき、
・どの場所に?
・いつから住み始めたいのか?
・どのくらいの予算で?
・どの位の大きさの建物で?

上記4項目の疑問がまず頭の中に浮かんできます。
どこに建てるのかを検討する際、まずは自己所有地(先祖代々の所有地)が思い当ります。しかし、現在の勤務先の場所や親との折り合い、兄弟との折り合い等様々な要件が有り(そもそも所有地が有るという方の方が少ないですが・・・)家族との話し合いが必要になります。

もし所有地に建てる事となれば、必然的に注文住宅の会社に依頼する事となりますが、ここでの話し合いの中で、たとえ所有地を持っていたとしても結果的に新たな場所に土地を購入する事となる可能性も大きいです。その際、中古住宅にするか、建売住宅にするのか、土地を購入して注文住宅を検討するのか、という悩みが出てきます。

いつから住み始めたいのか?の疑問の中で「3か月以内」位の早期の入居希望となると、アパート住まいの選択肢か中古住宅・建売住宅の購入での検討となりますが、半年以上の余裕があれば、注文住宅も視野に入ってきます。

その場合、まずは土地探しと思いがちですが、次の疑問の建物の大きさ?や予算?を検討する際、まずは自身の希望予算や建物の金額もわからないと、なかなか土地も探せない状況です。まずは、具体的な土地探しよりも、どのエリアに住むのかを検討しておき、その土地の単価等、少しの情報収集で良いと思います。

その上で今度は、土地・建物の総合的な金額での希望の予算を把握していきます。これには住宅ローンも絡んできます。TOTALの金額希望といっても、漠然と2,500万円とか3,000万円という数字ではあまり検討の材料とならないので、実際いくら位の頭金が用意できて、月々の支払額がいくら位まで可能なのか?重要な検討項目となります。
それを検討した上で、次は建物の金額を知るためにも住宅会社の情報を得ると良いと思います。直接足を運ぶことも一つの方法ですが、一度足を運ぶと、なかなか断り難い面もあるので、まずは資料の請求や新聞折り込み広告、ネットでの検索にて情報収集をしてみる事をお勧めいたします。

そこで今度は、一言に注文住宅といっても、工法も、仕様も住宅会社によって、色々な違いがある事に気づかれると思います。この違いも後々、項目ごとに説明させて頂きます。

情報を集めた中で気になる住宅会社に足を運んでみましょう。住宅会社では、まずは展示場があれば内覧をして、案内担当(営業の人が多いです。)の人にどのくらいの費用が掛かるものなのか聞いてみると良いです。ローンの事や土地の情報についても、それなりに勉強しているので、土地を含めたTOTALの予算でローンの件なども相談にのってくれるものと思います。この時に、その会社の事もよく聞いておくと良いです。また、その担当の人のレベルもなんとなく感じておく必要があります。比較材料が無く、レベルといっても難しいですが、人の良し悪し、知識の豊富さ、誠実さ等わかる範囲で十分です。自身に合う合わないも重要な要素で、また会社の顔となる人が、どのような対応を取るのかも会社の良し悪しを見分ける一つの方法です。

話の途中ですが今日はこの辺りまでに致します。
この次は、工法や仕様についても触れていきたいと思っています。



author:kantona, category:住宅, 23:29
comments(0), -, -
Comment









にほんブログ村 住まいブログ 木造住宅へ
にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 木造住宅へ
にほんブログ村
>マイホーム計画お手伝い >ブログのアクセスアップ!! ナンパを成功させる秘訣